初心者でもわかる!マイルで航空券をタダにして旅費を格安にする方法

どうも、1年間で20万マイル貯めて航空券をタダにしているぐっちーです。来月の沖縄旅行も90,000円の航空券をマイルでタダにしました。

いきなりですが、格安航空(LCC)が増えてきて航空券は安くなったものの、もし無料にできたら嬉しくないですか?

ぼく自身、どうにかして航空券を安く手に入れようと以前は格安航空のキャンペーンを狙ったりしていました。

ですが航空券を安く手に入れる方法を1年前に調べているときに「マイル」というものに出会ったことで今ではタダで航空券を手に入れられるようになったのです。

今回はぼくが航空券をタダで手に入れられるようになったマイルについて徹底解説していきます。

そもそもマイルって何なの?

マイルは単純にポイントなのでTポイントのようなポイントと同じようなものです。

Tポイントだと提携しているコンビニなどで提示するとポイントが貯まり、マイルは飛行機に乗ったりすることでポイントを貯めることができます。

一般的にマイルは飛行機に乗らないと貯まらないという認識があるため、なかなか手を出さないという人が多いのですがマイルは飛行機に乗る以外にも貯める方法があります。

ぼく自身、飛行機に乗ることなく1年間で20万マイルを越えるポイントを貯めることができました。

ちなみにぼくのように飛行機に乗らずにマイルを貯める人は「陸マイラー」と呼ばれますが、ぼくも陸マイラーになります。1年間で20万マイル相当のポイントを貯められたのは僕だからではなく、陸マイラーがたくさんいることからわかる通り多くの人が貯めることができるのです。

20万マイル相当のポイントの恩恵がすごい!

マイルをどのくらい貯めたらどこに行けるの?と思いませんか?

こちらがANAマイルの場合の目安です。

シーズン クラス 必要マイル
タイ レギュラー エコノミー 35,000
ハワイ レギュラー エコノミー 40,000
ニューヨーク レギュラー エコノミー 50,000
パリ レギュラー エコノミー 55,000
ハワイ レギュラー ビジネス 65,000
パリ レギュラー ビジネス 90,000
ニューヨーク レギュラー ファースト 150,000

ここからわかる通り20万マイルあると憧れのハワイには2,3ヶ月に1回タダで行けますし、さらにはゆったりビジネスクラスでの空旅を楽しむことも1年で3回ほどできます。

ハワイにANAマイルで行くと航空券の10万円ちかく浮くので、遊ぶお金の足しにしたり、ホテルをアップグレードしたりと、かなり旅行の幅も広がるはずです。

ファーストクラスに乗ってNYにだって行けます。ふつうにチケットを取るとなると270万円ほどしますが、マイルだとサクッとファーストクラスにも乗れてしまいます。

マイルはどうやって貯めるの?マイルの効率的な貯め方を紹介!

航空券をタダにできたらいままで以上にサクッと旅行にも出れるようになって嬉しいですよね!

それの手助けになるマイルですが先ほどもお伝えしたとおり飛行機に乗ることなく貯めることができます。マイルを貯める王道の4つの方法はこちらです。

  1. 飛行機に乗って貯める方法
  2. クレジットカード決済で貯める方法
  3. ANAマイルを購入する方法
  4. ポイントサイトで貯める方法

飛行機に乗って貯められるので一応解説しますが、ぼくがマイルをたくさん貯められたのはクレジットカード」と「ポイントサイト」を活用したからです。

飛行機に乗ってマイルを貯める方法はキツい

 

読んで字のごとく、飛行機に乗った時に「クラス(エコノミー、ビジネスなど)」と「距離」に応じてマイルがつきます。これをフライトマイルといいます。

ですが毎週東京〜北海道を週1で往復するような人だとしても1年間で貯まるマイルでは100,000マイルほどなのでハワイ2往復分くらいのマイルが限界なのです。

年間50回以上も飛行機に乗ってようやく100,000マイルと考えると、一般人にはフライトマイルを貯めることはできないと言っても過言ではありません。

クレジットカード決済で年1くらいで国内航空券をタダにできる

クレジットカード決済でマイルを貯める方法があると言うと「専用のカードを作らないといけませんか?」と質問されることが多いのですが、とくに絶対そうしないといけない、ということはありません。

マイルはポイントなので、実はTポイントや楽天ポイントをマイルに交換することができるのです。なのでマイルが貯まるカードを持っていなかったとしてもTポイントや楽天ポイントが貯まるクレジットカードを持っていればOKなのです!

ポイントはマイルで使わないともったいない!

ちなみにTポイントや楽天ポイントをマイルにするのを渋る人もいますが、結論から言うとそういう人は損をしてしまうこともあります。

たとえば楽天ポイントが200,000ポイントあったとします。例えばこれをANAマイルに交換すると100,000マイルになります。

そうすると半減になってしまうので損と思えるかもしれませんが1マイルの価値はクラスや距離などで変わるので半減したとしても1マイルあたりの価値が2円以上になればマイルとして使ったほうがお得なのです。

楽天ポイント200,000ポイントは200,000円分ですがANAマイル100,000マイルあると以下のようになります。

 

▼ハワイにエコノミークラスで2.5回行ける→250,000円相当

▼パリにビジネスクラスで1回行ける→300,000円相当

1マイルあたりの価値が変動することにより楽天ポイントのまま使うよりもマイルとして使ったほうがお得になることが多くなるというのはこういうカラクリなのです。

ちなみに「クレジットカード決済を100円して何マイル貯まるか?」というのがマイル還元率なのですが、楽天カードは0.5%なのでマイルを貯める上では還元率が低いクレジットカードと言われています。

つまり還元率が低い楽天カードですら、マイルとしてポイントを使ったほうがお得ということは、還元率が高いカードに切り替えると超お得となるわけです。

現に最大で2%の還元率のカードがあったりします。ただしブラックカードの領域だったりするので、現実的には1%くらいあれば良いと言えます。ぼく自身は還元率1%のカードを使っています。

還元率1%のクレジットカードで得られるマイル

還元率1%のクレジットカードなどで月10万円決済でも1年間で東京〜沖縄間のマイルは貯めることができます。

もしかすると「月に10万円もクレジットカードで決済しない…」と思うかもしれませんが、実は支払い方法を変えるだけで月10万円の決済は今と生活を変えることなくできるはずです。

例えば僕の場合だと、以下の支払いだけで1ヶ月で10万円に達します。

  • スマホ代:1万円
  • 光熱費など:2万円
  • 食費:3万円
  • お買い物:3万円
  • 交通費(ガソリン・電車):2万円

これらの支払いをクレジットカードにするだけで航空券をゲットできるので支払い方法の見直しと還元率の良いクレジットカードの入手は積極的にやるべきと言えます。

マイル初心者におすすめのクレジットカードは『ANA VISA Suicaカード』

年会費が高いカードであれば、還元率やその他サービスも良いためマイルを貯めるために有利なのですが、いきなり年会費が高いカードを持つのは微妙…という場合もあると思います。

なので初めてマイルを貯める場合におすすめなのは『ANA VISA Suicaカード』です。

還元率は良いと言われている1%であり、年会費は2,000円+税なのですがマイ・ペイすリボに登録すれば年会費が751円に値引きされるのでマイル初心者にとくにおすすめなのです。

>>ANA VISA Suicaカードの詳細はこちら

実はマイルは買うこともできる

実はマイルを購入することができるサイトが存在します。そのサイトは「BuyAirlineMiles」というアメリカのサイトなのですが、さまざまな航空会社のマイルを購入することができます。

ANAマイルは以下の値段で購入できます。

1マイルあたり(単位:セント) 1マイルあたり(単位:円)
1000~9,000マイル 2.3セント 約2.5円
10,000~24,000マイル 2.1セント 約2.3円
25,000~49,000マイル 2.0セント 約2.1円
50,000~99,000マイル 1.9セント 約2.0円
100,000マイル以上 1.8セント 約1.9円

1マイルあたりの価値は変動するので1マイル=2.5円以上の価値を持たせられる飛行機なら買うのもありです。

たとえばANAでニューヨークにファーストクラスで行く場合は150,000マイル必要です。もしBuyAirlineMilesで150,000マイル購入すると約285,000円です。

しかし普通に航空券を買おうとすると200万円ほどかかり、10分の1でニューヨーク行きのファーストクラスの飛行機に乗れてしまいます。

ちなみにエコノミークラスだとトントンになることが多いので、ビジネスクラスやファーストクラスに乗るときに使うのをおすすめします。

こちらはタダで海外に行けるわけではないですが、参考までに格安で飛行機に乗る方法があるということで解説してみました。

大量のANAを貯める裏技はポイントサイト一択

飛行機で貯めるフライトマイルやクレジットカード決済で貯めるマイルには限度があります。ですがぼくを含め多くの陸マイラーは大量のマイルを貯められています。

そのカギとなっているのがポイントサイトです。ポイントサイトを使えば、誰でも、簡単に、大量のマイルを貯めることができるのです。

ポイントサイトというと、地道な作業が必要そうで、面倒なイメージがつきまといますがぼく自身は1ヶ月に3時間程度の作業で済んでいます。

なぜなら普段の買い物やホテル予約をポイントサイト経由でするのと、マイルがかなり貯まる案件を月3〜4件こなすだけだからです。

おすすめのポイントサイトはハピタス

ポイントサイトはかなりの数ありますがマイルを初めて貯める場合はハピタスがおすすめです。パソコンからでもスマホからでも見やすいサイト設計になっているのと、マイルを貯めるために取り組める案件が豊富だからです。

ほかにもおすすめのポイントサイトはあるのでまたの機会にお伝えします。ぼく自身、ほぼハピタスでマイルを貯めてきたし、今も貯めていますが、全く不足や不満がありません。

実際に取り組む案件としてはクレジットカードを作成したり、FXの口座開設をしたり、保険の無料相談をしたり、です。

この3種類は陸マイラーにとってとくに人気の案件で、ぼくも毎月何かしら取り組んでいます。クレジットカードでいうと、1枚作成するだけでも10000マイル相当のポイントが貯まることもざらにあります。

>>ハピタスの登録はこちら

ハピタスで獲得したポイントがANAマイルになるまで

ハピタスで獲得するポイントはANAマイルではなく、あくまでハピタスポイントです。ハピタスポイントをANAマイルに交換するのは簡単にできるので大まかな流れだけでも理解しておきましょう。

※このポイント交換ルートは2018年3月31日までです。2018年4月1日に記事を修正します。

  1. ハピタスで得た20,000ポイントをPeXのポイントに変換
  2. PeXのポイントをソラチカカードの20,000ポイントに変換
    (※PeXからANA CARDへの変換の限度が1ヶ月20,000ポイント)
  3. ソラチカカードの20,000ポイントを18,000ANAマイルに変換

ご覧の通りハピタスポイントがANAマイルに変わるまで3ステップあります。

それぞれの中継地点のサイトやカードの登録をする必要がありますがすぐできるので、ハピタスのポイントが獲得できたらこちらも取り組みましょう。

マイルをお得に効率的に貯める方法まとめ

 

マイルを貯めるための第一歩はポイントサイトへの登録です。マイルのことを熟知している人でもしていない人でも一番最初にすることはハピタスの登録です。

今でこそぼくはマイルの恩恵を受けてタダ航空券で旅行をしていますが、ぼくも最初にやったのはハピタスへの登録でした。

百聞は一見にしかずと言われる通り、ANAマイルも全部を理解しようとせずにぜひ貯め始めてみてください!1年も待たずにタダの航空券を手に入れて旅行に行けていることでしょう。

クレジットカードからマイルをお得に貯める方法もあります。海外旅行にオススメのカードを濃密にまとめてあるのでぜひこちらも参考にしてみてください。

▽あわせて読みたい!

 

“初心者でもわかる!マイルで航空券をタダにして旅費を格安にする方法” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅×ITコミニュニティ「TABI TECHサロン」への入会はコチラ

当メディア「TABI TECH」を通じて読者がつながれるコミュニティを作りました。我々が目指していく「旅」のカタチや想いに共感して頂ける方はご参加ください▼